So-net無料ブログ作成
検索選択

判明

26日の写真。白い線の意味が判明した。プラットホームにできた水たまりのアウトラインだった。
なにか犯罪現場を想像し、この巨大な人(?)はいったいなんだろう!?と妄想してたのに……

b0017073.jpg
GX200

nice!(0)  コメント(0) 

Snapshot -School-

b0017049.jpg

b0017044.jpg
GX200

nice!(0)  コメント(0) 

Snapshot -調布-

b16928.jpg
GX100

nice!(0)  コメント(0) 

Snapshot -新宿-

b16960.jpg
GX100

nice!(0)  コメント(0) 

Snapshot -中央線-

44年前、僕は三鷹にあった四畳半のボロアパートの部屋から高円寺のデッサン塾まで、
毎日、中央線で通っていた。美術大学受験直前の緊急処置だった。
何の情報も無い田舎から出てきて、初めて知るデッサンのレベルに驚かされ、
帰りの電車の中から外を眺めては溜息をついていた。

b16930.jpg


b16951.jpg

♪・・・・走り出せ中央線 夜を越え僕を乗せて・・・・♪
「中央線」詩・曲/宮沢和史 http://jp.youtube.com/watch?v=95QwzcZFTfc

♪・・・・ああ、中央線よ 空を飛んであの娘の胸に突き刺され・・・・♪
「一本道」詩・曲/友部正人 http://jp.youtube.com/watch?v=F77AMPNboIY

nice!(0)  コメント(4) 

Poladroid Bali


Bali Polax6.jpg
          Developed by Poladroid

nice!(0)  コメント(0) 

【ものlogue /LEICA R8 Ornament 】

「季節外れだけど…」と言って下さったのは、ライカの一眼レフカメラR8 (1996-2002)。
これがなんと吹きガラスでできたクリスマス飾りのオーナメント。
"Vintage Camera Ornament with a see-through Lens"と箱に書いてあり、
ファインダーを覗けば、風景が色ガラス越しに歪んで見える。
b16920-pola.jpg
このポラロイド(風)写真、 デジカメで撮った写真をポラロイド調に変えるアプリを使った。
その名も”Poladroid”/ポラドロイド(間にdが入っている)。
↓ダウンロードはこちらで(Win/Mac)

Pict 1.jpg

これが良く出来たアプリで、jpeg写真データをアイコン上にドロップすると、
プリントが出てくる音と伴にじわじわと現像が始まる。
数分後に終了音があり、赤チェックが入る。
現像を急ぎたい時は、写真を摘んで左右に振ると早く終わる。これも懐かしい。
現像を終えた写真は、あのポラロイド特有の雰囲気で、データも保管できる。

b472-pola.jpg
  Developed by Poladroid

nice!(0)  コメント(0) 

冬のモンキチョウ

昼過ぎ、駅に向かう途中でモンキチョウ(♂)を見かける。春型が出てくるには早すぎるし、
越冬する個体がいるのだろうか? 土手に舞い降りたところを撮影するが、もっと近づこうして逃げられる。

b16881.jpg

scan019.jpg
  虫取り仲間の鼎談が面白い

nice!(0)  コメント(0) 

Snapshot -調布-

b16880.jpg


b16878.jpg
GX100

nice!(0)  コメント(0) 

【ものlogue / Leitz SHOOC】

b16861.jpg

ライカの135mm用ファインダー、型番SHOOCのfeet表示モデル。
カメラの上部に付け、覗いた世界をどう切り取るか…ただそれだけのフレーミング用アクセサリーである。
直接レンズからの像を見る一眼レフカメラや、液晶画面を見ながら撮る近頃のデジカメには無用の品。
中古店のショーウィンドウの中で、高価なのに汚れ、傷ついたモノが多いが、
たまたま覗いたネットオークションで良いモノを見つけた。
前の持ち主たちの取り扱いがよかったのか、あるいはそれほど使われなかったのか…
こうしてしっかり作り込まれたモノは、時代を経て次々と人の手を渡ってゆくのだ。
このファインダーは、そろそろ松本の修理センターから戻って来るEPSON R-D1sに付け、
LEICA TELE-ELMARIT 90mm*とコンビで使うことになる。
*CCDのサイズの関係で90mm x 1.53 ≒ 135mm となり、この外付けファインダーが必要となる

b16864.jpg
ファインダーを覗くとこんな風に見える。

nice!(0)  コメント(0) 

Sweets!

今日が仕事始め。
部屋のドアを開けると、目の前にSweets!が出迎え。
「誰だ?甘いものを控えている僕に対するイヤがらせ?」なんて目くじらを立てることなくここはパス。
しかしそのあと「インドのお菓子食べてみる?」という言葉に誘われ、
綿菓子を固めたようなおかしなお菓子を賞味。その甘さに舌の甘味細胞がざわつく。

b16844.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

Snapshot -府中-

b16829.jpg

b16836.jpg
GX100


nice!(0)  コメント(0)