So-net無料ブログ作成

《Works / Illustrations: SFマガジン》

ネパールの女神クマリのお話し。タイトルページの枠は、カトマンドゥーの木彫りの扉にスワヤンブナート寺院とインドの博物館に展示されていた宇宙図をコラージュ。見つめる少女は、ポカラへ抜ける峠の茶屋で撮った。もう30年ほど前の旅。


小さき女神-T.jpg

小さき女神-2,3.jpg

早川書房 SFマガジン 2011.12月号  "The Little Goddess" by Ian McDonald

nice!(1)  コメント(0) 

コスモス

立川昭和記念公園の花の丘に咲くコスモスはすでに見頃を過ぎていて、なんとも寂しい。帰りがけに通りかかった西花畑にはサンセットイエローという名のコスモスが北風にあおられ満開で咲いていた。
この公園、隣接する立川基地からの軍用ヘリの爆音が途絶える事がなく、なんとも落ち着かない。

b0010917.jpg

b0010930.jpg
GXR/A12 + SW-HELIAR 15mm

nice!(1)  コメント(2) 

Snapshot -調布-

b_0010856.jpg

b_0010866.jpg
RICOH GRX / A12 + SUMMARON 35mm

nice!(0)  コメント(2) 

「椅子からの上体のぶらさげ」

今週の月曜日に「体ほぐしは心ほぐし」のテーマで羽鳥さんの講演が総務省であった。
80名ほどがお集りになる中、「椅子からの上体のぶらさげ」が始まった。「野口体操」をご存じない方がほとんどだったが、羽鳥さんの導入のお話が素晴らしく、皆さんが一斉に体を動かしてくださった。

bSDIM0299.jpg
SIGMA DP1X

nice!(0)  コメント(2) 

Snapshot -新宿-

bSDIM0287.jpg
SIGMA DP1x

nice!(0)  コメント(0) 

Snapshot -新宿-

bSDIM0280.jpg
SIGMA DP1x

nice!(0)  コメント(0) 

Snapshot -阿佐ヶ谷-

bSDIM0243.jpg

bSDIM0234.jpg

bSDIM0251.jpg

bSDIM0228.jpg
SIGMA DP1x

nice!(0)  コメント(0) 

Snapshot -青梅-

bSDIM0196.jpg

bSDIM0203.jpg

bSDIM0204.jpg
SIGMA DP1x

b_0010779.jpg

b_0010785.jpg
RICOH GXR + ULTRON 40mm

nice!(1)  コメント(0) 

Snapshot -渋谷

b_0010736.jpg

b_0010741.jpg

b_0010756.jpg

b_0010745.jpg

b_0010746.jpg

b_0010761.jpg

b_0010769.jpg
RICOH GXR A-12 + GR21mm

nice!(0)  コメント(2) 

"Think different"

Steve Jobs氏が亡くなられた。
僕とMacとの出会いは、Power Macintosh 7600から始まり、Quicksilver(G4)を経てMac Pro + Mac Book Proに至っている。ずーっとMacと伴にやってきた。
今日も部屋の片付けをしていて、古いアメリカ雑誌の裏表紙見つけた。図書館が放出した古本の山の中から引っ張り出し、切り取ってたあったものだ。モノクロームの写真にMacintoshのロゴと、小さく Think different のメッセージ。誰かは説明はいらない。みんな自分の考えを貫き通した人々だ。

Mac AD.jpg
調べるてみると1997年に展開されたMacintoshの広告キャンペーンで、様々な人がいる。


                  

クレージーな人たちがいる。
反逆者、厄介者と呼ばれる人たち。
四角い穴に丸い杭を打ち込むように物事をまるで違う目で見る人たち。
彼らは規則を嫌う。彼らは現状を肯定しない。
彼らの言葉に心を打たれる人がいる。
反対する人も、賞賛する人も、けなす人もいる。
しかし、彼らを無視することは、誰にも出来ない。
なぜなら、彼らは物事を変えたからだ。彼らは人間を前進させた。
彼らはクレージーと言われるが、私たちは天才だと思う。
自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、
本当に世界を変えているのだから

                  

Steveも正にこのクレージーな一人だった。

nice!(0)  コメント(0) 

たかはしひでまろ展「Ordinary Days」

去年の夏、島尾さんと二人展を開いたTAMBOURIN GALLERYへ、たかはしひでまろさんの「Ordinary Days」展を見に出かけた。http://tambourin-gb.blogspot.com/
たかはしさんとは、その夏、バリ島のアバビ村にあるGeria Semalungというバンガローで初めてお会いした。お話ししているうちに、僕が撮った高田渡さんのLPジャケットのことに驚かれ、武蔵野たんぽぽ団の話題からTAMBOURIN GALLERYへと…、様々な接点をつなぎ、不思議な出会いを用意したバリ・パワーにびっくりした。
たかはしさんは多才な方で、素敵な絵を描くだけではなく多摩ディランという名で歌っています。近々またライブがあるそうです。

b_0010695.jpg
RICOH GXR A12 + GR21mm


nice!(0)  コメント(0) 

【 ものlogue / Silver spoon 】

b_0010691.jpg

「多大な幸運と富を持って生まれてきた人を、『銀のスプーンをくわえて生まれてきた』と言います。私はあなたの退職に際し幸運の銀のスプーンを差し上げたいと思います。……」と書かれたボスからのカードが添えられた包みを開く。130〜140年前のものでずっと家族に伝わってきたという。そんな大切なスプーンを戴き、これからの僕の幸せが保証された気分になりとても嬉しい。
3年前、心筋梗塞で入院した際、担当の女医さんに「発症から最短時間で運び込まれ、無事手術を終えるなんて本当に珍しい事よ。まあ、これでこれからのLuckを全部使い切っちゃったかもね。」と冗談を言われた。でもこの銀のスプーンがしっかり取り戻してくれそうだ。

nice!(1)  コメント(0)