So-net無料ブログ作成

今日のベランダ

今朝、ベランダのプランターを覗いてみると、アブラムシが何匹も這い出している。昨日入れたテントウムシの幼虫が怖くて退去命令でも出たのか?

テントウムシの幼虫はと言えば、のんびり葉の上を歩き回ったりしているが、突然、アブラムシを捕獲する瞬間を見た。


bR0018565.jpg


bR0018554.jpg

RICOH GXR+A12 Mount+MICRO NIKKOR 60mm


そして一週間、誰もいなくなった。5/2

bB000983.jpg

Snapshot -多摩川-


bB000946.jpg



bB000914.jpg



bB000934.jpg


川原に咲く花に群がるテントウムシの幼虫を発見。15匹ほど確保して、ベランダで栽培中の小松菜についたアブラムシ退治に協力してもらうことに。

bB000940.jpg



bB000950.jpg



bB000955.jpg



bB000963.jpg

RICOH GR

Snapshot -小金井-

bDSF6113.jpg



bDSF6096.jpg



bDSF6104-2.jpg



bDSF6095.jpg



bDSF6108.jpg

FUJI X-E2+XF23mm f1.4

Snapshot -日本橋・新宿-

日本橋小伝馬町のRoonee247で開催中の山下さんの写真展「15歳の日々」を観る。
モノクロームの美しいプリントから、甘酸っぱい中学校生活の日々が伝わってくる。

bDSF6035.jpg


bDSF6038.jpg


bDSF6040.jpg


bDSF6049.jpg


bP0Q2317.jpg


bP0Q2350.jpg


bP0Q2358.jpg


bDSF5831.jpg
FUJI X-E2+XF23mm/SIGMA dp0/RICOH GR/

Snapshot -多摩川-

孫の要望で多摩川へ探検に出かける。
川原の住人さんはそろそろ夕食の準備を始めていて、いつものネコさんは?と聞くと、外出中とのこと。

bDSF6017.jpg

唯々川原の石をどかし水路を作ることに励むのを見て、私も手伝う。これがなかなか楽しい。

bDSF5982.jpg

ストーンサークルが新しくなっていた。いつか作者とお会いしたいものだ。

bDSF5991.jpg


bDSF6008.jpg


bDSF6015.jpg


bDSF6018.jpg
FUJI X-E2+XF27mmF2.8

Snapshot -神田・浅草-

bB000837.jpg


bB000843.jpg


bB000845.jpg


bB000839.jpg


bDSF6089.jpg


浅草。東京都立産業貿易センターで開催している「紙博」へ孫を連れて行く。
「三つ気に入ったもの選んでいいよ」と言ったら、あちこちのブースを観た後、「草の辞典」「MOTION SILHUETTE」「豆本」に決めた。

bDSF5895.jpg


bB000848.jpg


bB000865.jpg


bB000868.jpg
RICOH GR

Snapshot -府中-

bB000794.jpg


bB000795.jpg


bB000798.jpg


bB000824.jpg
RICOH GR

Snapshot -千歳烏山-

b774+775.jpg
RICOH GR

Snapshot -吉祥寺-

吉祥寺のGallery Cafe Terraceで開かれている「sisi春の東京販売会」へ。
sisiはバリ島にあるバッグ屋さん。ウブドの街中が渋滞している時間帯は、このお店の前のNyuh Kuning通りをいつもバイクで走ったものです。
今日は同じバリから出店しているpsar-pasaranのトートバッグを購入。帰宅して包みを開いたら、懐かしいバリの匂いが広がった。

bB000751.jpg


bB000749.jpg
RICOH GR

Snapshot -調布-

bB000734.jpg


bB000732.jpg


bB000742.jpg
RICOH GR

Snapshot -多摩川-


bB000689.jpg


bB000708.jpg


bB000715.jpg


bB000714.jpg


bB000719.jpg


bB000722.jpg


bB000726.jpg


bB000728.jpg
RICOH GR

神金村

カミサンの思い付きに付き合って中央高速を走り、釈迦堂PAに入る。やはり桃の花には早かった。見頃は東京の桜が終わった頃という。桃の木の下で咲く野の草を愛でて草餅を食べていると、「くあはうす・神金村」の案内が目にとまる。「この温泉に辿り着くのはなかなか難しい」と書いてあるので、「じゃあ行ってみよう!」ということになり一宮御坂で降りる。カーナビに地図情報をと、住所、電話番号を入れるも、ピンポイントのガイドは無し。とにかくその辺へ向かって出発。迷った末、ガソリンスタンドで聞いて、それらしき処にやっと到着。男風呂は私一人の貸し切り状態で、露天風呂もあるにはあるが……風情はない。時にはライブ会場になるステージが備わった変わった温泉だった。


bDSF5886.jpg


bDSF5880.jpg


bDSF5882.jpg


bB000681.jpg


bB000678.jpg


bB000666.jpg
FUJI X-E2/XF23mm + RICOH GR