So-net無料ブログ作成

「命の認識」

東京大学総合研究博物館での特別展「命の認識」を見に行く。
総指揮・監督の遠藤氏の発案で、この一室には文字がほとんどない。
この潔さに、外からの知識を捨て目の前の標本とじっくり対話することができた。

bSDIM1332.jpg

bSDIM1304.jpg

bSDIM1307.jpg

bSDIM1328.jpg

bSDIM1321.jpg

ホルマリンの水槽に浮かぶアジアゾウは神戸市立王寺動物園での死産胎児。
からだの全てができあがっていたのに、産声をあげ、この世に生まれ出ることができなかった。
詳しくは東京大学総合研究博物館ニュース"Ouroboros"の記事「苦悩の部屋へ、ようこそ」をお読み下さい。(この冊子は入り口でいただけます)
注:解剖写真の掲載有り


帰りに立ち寄った娘の子はもう10ヶ月を生きた。喜びも苦悩もこれから始まる。

bR0020110.jpg
SIGMA DP2


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。