So-net無料ブログ作成

イクジイ

今日は、イクメン(育Men)ならぬイクジイ(育爺)の午後だった
娘に大事な用事ができ、微熱の孫を数時間世話することを頼まれた。母さんを見送ると、何とも寂しい顔になったので、ポケットから出かけに拾ったドングリ10個を取り出す。卓上ピアノの上に並べて、二人で♫ドングリころころどんぶりこ…♫と大声で歌う。恥ずかしがってはいけない。ピアノも一本指で時々間違うが元気に歌うことが大切。その後、カラフルなカップをだしてきてドングリを一つずつ入れ始めた。続いておもちゃ箱のぬいぐるみ全員を引っ張り出し周りに座らせ、「パンダさんのハピバスデー!」ということでまた二人で♫Happy birthday to you…と合唱。パーティーの後は絵本を読んだり、箱に乗せて押したり(^_^;。
帰りの電車では爆睡。

bSDIM1176.jpg

bSDIM1179.jpg
SIGMA DP2x

nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

Akira

前日の骨董との色合いの違いが面白く感じました。人が渋い感じの色合いも愛でるようになるのは、なぜなんでしょう。時間感覚のない3次元の原色から、歳とともに時間感覚を色に持ち込み4次元化するからでしょうか。
by Akira (2011-11-05 13:41) 

spoonful

確かに私の周りを見渡しますと地味ですねえ。自然とそういう色合いの物が集まってくるのでしょう。あまりにカラフルな物は目障りに感じる歳になったということでしょうか?
でも老人の集まるところは、黒・灰色・茶・紺で埋め尽くされますが、それからは外れたいですね。
by spoonful (2011-11-05 21:10) 

やよい

お孫ちゃまの髪の毛がずいぶん伸びて、すっかりかわいいお姫様になられて!
さぞかしイクジイさんはデレデレになって、「どんぐりころころ〜♪」と元気に歌われたことと、容易に推察されます!
あったかい気持ちにさせていただいて、ありがとうございました!
by やよい (2011-11-06 09:28) 

spoonful

「孫なんて別に…」と思っていましたが、いつの間にかデレ爺になってました。もうすぐ七五三のお祝い、ということで会うのを楽しみにしてます。
by spoonful (2011-11-06 09:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。