So-net無料ブログ作成

Snapshot -Wien/2-

b_0014801.jpg

b_0014813.jpg

b_0014697.jpg

b_0014699.jpg

b_0014718.jpg

b_0014758-Edit.jpg

b_0014769.jpg

b_0014898.jpg

b_0014906.jpg

b_0014918-Edit.jpg
RICOH GXR/A12 + TELE-ELMARIT 90MM & VOIGTLANDER SW HELIAR 15mm

nice!(0)  コメント(0) 

Snapshot -WIEN/1-

b_P1M1529-Edit.jpg

b_P1M1571-Edit.jpg

b_P2M6961-Edit.jpg

b_P2M7007-Edit.jpg

b_P2M7015-Edit.jpg

b_P2M7081-Edit.jpg

b_P2M7114-Edit.jpg

b_P2M7168-Edit.jpg

b_P2M7186-Edit.jpg

b_P2M7189-Edit.jpg
SIGMA DP1 & 2 Merrill

nice!(0)  コメント(2) 

プラハ 5日目 そして帰国

そろそろ疲れも溜まってきたか、小雨のせいもあり遅く目覚める。とりあえず荷物の整理をしたあと街へ。
Mucha Museumでアールヌーボーの画家、ミュシャの絵を観る。地下鉄とトラムを乗り継いでチェックアウトの時間5分過ぎに帰宅。ロールカーテンが降りなかったり、電球が切れてたり、トイレの水が流れなかったりと、次のお客のためにやんわり不満を言うも、「すいませんね、直すようにはようには言ってあるんですが…」と、あまり細かいことにはかまわない様子。
タクシーでエアポートへ。ピルスナービールを飲み、ヒースロー空港経由で成田への長い時間が…

SN3K0510.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

プラハ 4日目

今日も歩き回る。途中、今夜のスメタナホールでのコンサートチケットを買っておく。
13名の奏者により、クラッシク名曲集といった曲目が続く。もちろん「モルダウ」も。同じ曲でも、古いホールで聴くとまた違った趣がある。

SN3K0505.jpg

SN3K0508.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

プラハ 3日目

日中から夜遅くまで行きかう人々で賑わうカレル橋も、早朝は静かだ。早起きは三コルナの得。

SN3K0493.jpg

SN3K0497.jpg

SN3K0498.jpg

夜、聖フランシス セラファン教会へオルガン、フルート、メゾソプラノのコンサートへ出かける。
CacciniのAve Mariaから始まって、BachやSmetanaの小品が演奏され、Ave Mariaは五曲、様々な作曲家の曲が歌われた。小さなバロック建築の教会だが、伽藍からメゾソプラノの歌声が降りそそぎ、重低音のオルガンが響き渡った。

SN3K0501.jpg


nice!(0)  コメント(2) 

プラハ 2日目


プラハでの宿泊は、旧市街に近いマロストランスカにある古いレジデンス。トラム(路面電車)の駅を見下ろす二階(こちらでは一階)のフロアーは天井が高く、リビングルーム、2ベッドルーム、バスルームにキッチンと食堂。食事は外食以外は自炊である。

SN3K0482.jpg

SN3K0483.jpg

今朝は少し出遅れたため、あちこちで様々な国からやってきた団体さんと一緒になり、大混雑の中でのスタートとなる。聖ヴィート大聖堂、ストラホク修道院の後、山道を登りペトシーンタワーを目指す。石畳の道や階段ばかりで疲れ果て、途中公園の草むらに腰を下ろす。野口体操のぶら下げでからだをほぐし、そのあとヨガの逆立ちをしたら、観光客のおばさんたちに写真を撮られてしまった。
タワーは、上まで徒歩でのハードな螺旋階段が続き、微妙に揺れる展望台から見下ろすと、眼下に旧市街が広がる。



nice!(2)  コメント(0) 

ウィーンからチェスキークルムロフへ

ウィーン滞在最後の日は、ショピングや市場を巡り、1時半にシャトルバンがホテルへ迎えにくる。その後、一方通行の多い市内を迷い、二組みのお客をピックアップして2時半にウイーンを後にする。高速も村道もガンガン飛ばし、六時前にチェスタークルムロフに到着する。ホテルの部屋は広場に面した二階。今は夜の8時だが、夕焼けの元でギターとクラリネットの演奏が続いている。

SN3K0444.jpg

SN3K0445.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

ウィーン3日目

今朝もホテルでの食後、地下鉄とトラム(路面電車)を乗り継ぎあちこち回る。ベルベヴェーレでクリムトとエゴンシーレの作品を見て、ザッハーを食した後、レオポルトミュージアムで又もシーレ&クリムトを見る。

SN3K0436.jpg

130819_1506~01.jpg

130819_1732~01.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

ウィーン 2日目

朝5時過ぎに目覚める。東向きの部屋には大きな円窓があり、昇り初めた朝日をバックにウィーン美術史美術館のドームが見える。

SN3K0419.jpg
 
プラーター公園で、映画、「第三の男」に出てくる観覧車に乗る。
昼は名物のシュニッツエル(仔牛肉のカツレツ)をオーダーするも、あまりの大きさに三人とも残してしまう。

130818_1142~02.jpg

130818_1217~02.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

やっとウィーンに到着


17日、午前11:45分成田発、ロンドン(ヒースロー空港)で乗換えて夜10時5分(現地時間)14時間かかってやっとウィーンに到着。ヨーロッパへの旅は初めて。時差もあり疲れます。iPadに付けるSDカードアダプターを忘れたので、ケータイから送った写真をアップ。

SN3K0397.jpg

SN3K0411.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

Snapshot -渥美-

b_P2M6797.jpg

b_P2M6873.jpg

b_P2M6826.jpg

b_0014547.jpg

b_0014563.jpg

b_0014656.jpg

b_0014572.jpg

b_P2M6877.jpg
SIGMA DP2 Merrill & RICOH GXR A12/Nikkor 28-85mm zoom

nice!(1)  コメント(0) 

渥美の海へ

渥美半島先端の伊良湖海水浴場で泳ぐ。孫には様々な出会いが…。
水母(クラゲ)や海星(ヒトデ)に触れ、魚つかみ捕りでは、ヒラメを三匹ゲット。今夜の食材となる。

b_0014443.jpg

b_0014502.jpg
RICOH GXR/A12+NIKKOR 28-35mm Zoom

nice!(0)  コメント(0) 

自動給水装置 Ver.2013

少し家をあける時に、ベランダの植物に水やりするための装置を作っている。

b_P2M6748.jpg

b_P2M6752.jpg

以前、園芸店で買った吸水性のいいスポンジ状のものと同じ材質(PVAスポンジ?)を100円ショップで見つけた。超吸水タオルという商品で、8本の帯状に切る。それを途中の蒸発を少なくするためにビニールチューブに通し、先端にステンレスのナットを錘として付ける。あとはペットボトル大。材料費は1つ60円也。

b_P2M6755.jpg
風で飛ばないように爪楊枝を刺し、土をかけておく。毛細管現象でボトル内の水が供給される。

b_P2M6767.jpg
さて、何日給水可能か? 途中で止ることはないか? テスト開始。
水量はスポンジ帯の幅で決まるようだ。

b_P2M6765.jpg
全ての鉢に新しい給水器をセットするのは無理なので、他はいつものようにバケツからのグループ給水。




nice!(0)  コメント(2) 

一夜の茸

園芸店で買ってきた土を入れた鉢から、茸が発生することに気がついた。
どこの森からの土なのか、胞子がいっぱい混じっているらしい。
夕方、頭(?)を出し始め、夜間にヒョロヒョロと伸び、朝見ると枯れている。
なんとも儚い茸である。
試しに「一夜茸」で検索すると、「ヒトヨタケ」というのがあったが、これがそうなのかは分からない。

b_0014241.jpg

b_0014245.jpg

b_0014249.jpg
RICOH GXR/A12+Micro Nikkor 60mm 

nice!(0)  コメント(0)