So-net無料ブログ作成

Aldo Ciccolini Piano Recital

杖をついて、ゆっくりピアノまで歩いてくると、椅子に掴まり会場に向って会釈。杖をピアノの脇にぶら下げた後、ハンカチーフを所定の位置に置き座る。
最初のブラームスのバラードはドローンと重たく始まったが、アンコールの「火祭りの踊り(ファリヤ)」まで88歳とは思えない軽快なピアノを聴かせてくれた。

bG002423.jpg

bG002418.jpg

bG002420.jpg
RICOH GR

nice!(0)  コメント(0)